花粉対策グッズ販売館
ジェラート販売館

ピザハット 店舗

ピザハット 店舗の歴史

 デリバリーとテイクアウトによるサービスで、できたてのおいしさをお届けしている「ピザハット」。世界中で愛されているピザレストランチェーンです。
 
 1958年、アメリカ・カンザス州の小さな田舎町で産声を上げたピザハットは、いまや世界最大のピザレストランチェーンへと成長しました。日本に上陸したのは1973年。日本ケンタッキーフライドチキン株式会社がその事業を受け継ぎ宅配ピザとして再スタートしたのが1991年でした。

 以来、日本ケンタッキーフライドチキン株式会社が培ってきたフードサービスのキャリアとノウハウをバックグラウンドに着実に成長し、全国に360店舗を展開するまでになりました。ピザハットの事業運営においても、ケンタッキーと同様「FHH&H=Fresh(新鮮)・Healthy(安全で健康的)・Handmade(手づくり)・Hospitality(おもてなしの心)」が、すべての活動の基盤となっているようです。

 ピザハット独自の商品力と両輪をなすのが「おもてなしの心」だそうです。対面 接客の機会が少ないデリバリーサービス中心のビジネスなので、ホスピタリティを大切にし、適切な電話対応、電話番号だけでお届け先がわかる受注システムをとり、安全迅速に届けること・・・などの地道な活動をしています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90418244
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。