花粉対策グッズ販売館
ジェラート販売館

ピザハット 店舗

ピザハット 店舗〜2in1方式での出店も

 日本ケンタッキー・フライド・チキンは宅配ピザ業態「ピザハット」の出店を徐々に加速する。現在の約350店舗から、2012年には500店舗体制の構築を目標に出店を進めていく計画です。

 出店ペースについては、08年〜2010年頃にかけて、年間15、20、25店舗と徐々に出店ペースを加速し、2012年の目標達成に向けて後半の出店数に厚みを持たせる計画です。基本的には個店タイプの「ピザハット」の出店が中心となりますが、新エリアとなる立地などについては、「KFC」との複合店舗「2in1」での出店も推進していきます。新エリアでの「ピザハット」の認知が向上すれば個店単位での出店も進める方針で、「2012年に向けて徐々に出店数に厚みを持たせていく計画だが、可能であれば前半の出店数も増やしていきたい」(渡辺正夫社長)考えのようです。

 店舗網の拡大に向け、同社では06年頃から人材育成やオペレーションの向上といった店舗運営の基盤強化に投資を続けてきました。併せて、独自性を打ち出した新クラスト“チージーロール”の投入など、店舗でのオペレーションレベルの高いヒットメニューの誕生がスタッフの技術レベル向上につながった側面もあります。足元の強化とヒットメニューの登場が売上の拡大やチャンスロスの減少といった効果につながりました。「ピザハット」事業の成長について、「ここ数年のピザハットの伸びには大変手応えを感じている。人を育て、足元を固めてきた成果が感じられる」と語っているます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。