花粉対策グッズ販売館
ジェラート販売館

ピザハット 店舗

ピザハット 店舗〜いろんな形態

 ちなみに私はまだピザハットのメンバー会員に入っていませんが、ピザハットのように本格的なピザが多くメニューも豊富なのが売りだそうで、楽天市場やヤフーオークションなどで「ピザ全国配達します!」などといった広告を良く見かけます。
 中々ピザハットというと、普段あまり気にすることが無いのですがこうやって見ていくと興味深いです。
 
 やっぱりピザはピザハットのような出来立てに限ります。お勧めなのが電話の近くにメニューを保管しておくことです。ピザハットは、日本でも有数のピザチェーン店で現在その店舗数は日本全国に分布しています。
 また街でピザハットの大きな看板やデリバリー中のバイクを見てピザハットの存在を知った人もいると思います。メンバー会員に入るとピザを購入するたびにポイントがたまりいずれ、そのポイントを使って各種のピザハットの特典を受けることができます。ピザハットの公式ホームページもピザハットの魅力の1つで、チラシなどが無い時に自宅にいながらにして、パソコン1つでピザハットのピザを調べることができます。
 
 ピザハットのメニューは実に様々です。現在ではケンタッキーフライドチキンのお店の中にピザを扱うピザとチキンを販売している店舗もあるようです。ピザハットのホームページの中でも特に便利なのが店舗検索です。ピザハットというとピザ宅配の大手チェーンですが、TVCMなどでその存在を知った人も多いと思います。

ピザハット 店舗

ピザハット 店舗のこと〜

 特に都市部はピザハット店舗は必ずあるといってもいいぐらい日本全国に存在します。
 また、街でピザハットの大きな看板やデリバリー中のバイクを見てピザハットの存在を知った人もいると思います。ピザハットでは、ピザ以外のサイドメニュー(ドリンクや各種サイドメニュー)も扱っています。

 ピザチェーン店というとドミノピザやピザーラ、シカゴピザなどを思い浮かべる人も多いと思いますが、ピザハットに関しても大手なので思い浮かぶと思います。どちらもファーストフードなのですが、ピザハットに飽きたらケンタッキーフライドチキン・ケンタッキーフライドチキンに飽きたらピザハットというように、その時の状況でメニューを変えられるのでとても魅力的ですね。
 ちなみにここ数年はピザハットのピザ以外で食べたピザといえば、ピザチェーン店大手の「ピザーラ」「シカゴピザ」のピザぐらいで、よく言われる即席ピザとかはあまり食べたことがありません。ちなみに私はまだピザハットのメンバー会員に入っていませんが、ピザハットのクーポンつきのチラシが新聞や自宅のポストに投函されるようです。バイクの後ろに大きなピザを入れるための荷台がありピザハットのロゴが大きくプリントされています。こういったピザハットのチラシはなるべく保存しておくようにしたいものです。
 
 全国に展開するピザハットの店舗で自分の住んでいる地域の一番近くのピザハットを調べることができます残念ながら、沖縄にはまだピザハットは無いようです。意外ですね。

ピザハット 店舗

ピザハット 店舗〜2in1方式での出店も

 日本ケンタッキー・フライド・チキンは宅配ピザ業態「ピザハット」の出店を徐々に加速する。現在の約350店舗から、2012年には500店舗体制の構築を目標に出店を進めていく計画です。

 出店ペースについては、08年〜2010年頃にかけて、年間15、20、25店舗と徐々に出店ペースを加速し、2012年の目標達成に向けて後半の出店数に厚みを持たせる計画です。基本的には個店タイプの「ピザハット」の出店が中心となりますが、新エリアとなる立地などについては、「KFC」との複合店舗「2in1」での出店も推進していきます。新エリアでの「ピザハット」の認知が向上すれば個店単位での出店も進める方針で、「2012年に向けて徐々に出店数に厚みを持たせていく計画だが、可能であれば前半の出店数も増やしていきたい」(渡辺正夫社長)考えのようです。

 店舗網の拡大に向け、同社では06年頃から人材育成やオペレーションの向上といった店舗運営の基盤強化に投資を続けてきました。併せて、独自性を打ち出した新クラスト“チージーロール”の投入など、店舗でのオペレーションレベルの高いヒットメニューの誕生がスタッフの技術レベル向上につながった側面もあります。足元の強化とヒットメニューの登場が売上の拡大やチャンスロスの減少といった効果につながりました。「ピザハット」事業の成長について、「ここ数年のピザハットの伸びには大変手応えを感じている。人を育て、足元を固めてきた成果が感じられる」と語っているます。

ピザハット 店舗

ピザハット 店舗の歴史

 デリバリーとテイクアウトによるサービスで、できたてのおいしさをお届けしている「ピザハット」。世界中で愛されているピザレストランチェーンです。
 
 1958年、アメリカ・カンザス州の小さな田舎町で産声を上げたピザハットは、いまや世界最大のピザレストランチェーンへと成長しました。日本に上陸したのは1973年。日本ケンタッキーフライドチキン株式会社がその事業を受け継ぎ宅配ピザとして再スタートしたのが1991年でした。

 以来、日本ケンタッキーフライドチキン株式会社が培ってきたフードサービスのキャリアとノウハウをバックグラウンドに着実に成長し、全国に360店舗を展開するまでになりました。ピザハットの事業運営においても、ケンタッキーと同様「FHH&H=Fresh(新鮮)・Healthy(安全で健康的)・Handmade(手づくり)・Hospitality(おもてなしの心)」が、すべての活動の基盤となっているようです。

 ピザハット独自の商品力と両輪をなすのが「おもてなしの心」だそうです。対面 接客の機会が少ないデリバリーサービス中心のビジネスなので、ホスピタリティを大切にし、適切な電話対応、電話番号だけでお届け先がわかる受注システムをとり、安全迅速に届けること・・・などの地道な活動をしています。


ピザハット 店舗

ピザハット 店舗について

 ピザハット(Pizza-Hut)は、ピザ・パスタなどを主に宅配により販売する(テイクアウト販売もしている)ファーストフードチェーンで、世界最大のピザチェーンです。世界に100ヶ国以上、34000店舗を運営してます。

 日本では日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社・ピザハット事業部が運営しています。また、地域によっては、フランチャイズ形式で運営されている店舗もあります。日本国内ではピザーラ、ドミノ・ピザと並ぶ大手のピザ宅配業です。

 ハット(HUT)とはエンブレムから帽子(HAT)と思われがちですが、本来は小屋(HUT)の意でピザ小屋という意味になります。
 ピザハットは、安全な素材と手づくりをモットーに商品、サービス、雰囲気を通じお客様にYum!(おいしい笑顔)をお届けするお店です。

 1958年 、アメリカ・カンザス州で設立され、1977年 ペプシコに買収された後、1987年10月、 ペプシコから分離しました。

 そして、1991年5月 日本でKFCJ内に「ピザハット事業部」が新設され営業を開始されました。2006年、 埼玉県戸田市(イオン北戸田SC内)にケンタッキーフライドチキン商品とピザハット商品を同一店舗内で提供する複合店、『2in1』を開店し、ピザハットとして店舗内で食事ができる店舗になっています。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。