花粉対策グッズ販売館
ジェラート販売館

ピザハット アンケート

ピザハット アンケート〜トッピングコンテスト

 日本ケンタッキー・フライド・チキンが展開する世界最大のピザチェーン「ピザハット」では、「ピザハットトッピングコンテスト」で約2万人が選んだ第1位、第2位のメニューを1枚のピザとして商品化した「スーパーグランプリ 07」を、9月3日から全国のピザハットチェーンで販売しました。

 ピザハットでは、今年4月12日〜4月22日の期間、「ピザハットクラブ」メール会員を対象にインターネット上でトッピングコンテストを実施し、このアンケートで約2万人が選んだ第1位「もちポテ明太子ピザ」、第2位「もちもちエビチリピザ」の2点を、ハーフ&ハーフタイプの1枚のピザとして商品化しました。2つのおいしさが1枚で楽しめる「スーパーグランプリ 07」として発売いました。

 さらに、「スーパーグランプリ 07」専用の生地、「ゴールデン・パンピザ」で提供するとのことです。「ゴールデン・パンピザ」は、“みみまでおいしい”ピザハットならではの生地なのだとか。専用鉄鍋パン仕込みで中がふっくらモチモチの「ふっくらパンピザ」のみみの上に、こんがり焼けたカリッと香ばしいチェダーチーズがのった、ピザ好きに嬉しい生地だと説明しています。

 トッピングコンテスト第1位の「もちポテ明太子ピザ」は、明太子を使用したまろやかなソースに、うるち米を原料とした韓国もち“トック”や大エビ、オニオン、ダイスポテト、コーン、マヨネーズなどをトッピングしたもの。第2位の「もちもちエビチリピザ」は、プリプリの大エビ、もちもちした“トック”、ニンニクの芽、オニオンとピザ用にアレンジした特製チリソースをトッピングしたものだということです。なお、「もちポテ明太子ピザ」、「もちもちエビチリピザ」は単品でも販売するそうです。

ピザハット アンケート

ピザハット アンケート〜日経調べ4

 日経BPコンサルティング ブランド・ジャパン プロジェクトチームは、2007年8月、日経BPコンサルティングが保有する調査モニターを対象に、「宅配ピザに関するアンケート」を実施しまた。今回の調査では、宅配ピザの利用頻度や利用時の重視点、主な宅配ピザチェーン店に対するイメージなどをこのアンケートで尋ねました。
 
 主な宅配ピザチェーン5店について、各商品のWebサイトを提示し、「一番商品がおいしそう/食欲をそそる」、「一番メニューが豊富だ」、「一番商品が個性的だ」、「一番キャンペーンが充実している」、「一番Webサイトのデザインが良い」、「一番Webサイトの情報がわかりやすい」という6項目について印象を尋ねました。
 その結果、全項目の合計比率は「ピザーラ」がトップ、各項目ともにトップと5ポイント内の差だった「ピザハット」が第2位に続きました。
 6項目の合計比率で第4位の「ストロベリーコーンズ」は、「一番商品が個性的」では、僅差ながらトップでした。提示したWebサイトページで調査時に行っていた「もっちぃ〜も美味(おいしさ)スマイル」というキャンペーン商品のネーミングとキャラクターが目を引いたようです。
 
 最近では、インターネットで商品が注文できる便利さが消費者の利用の大きなカギです。電話は、メニューを見ながら迷ってしまいます。ネットだと「これ」と自分で画像を見ながら(家族などと)選ぶことがっできるので便利です。ピザハットのでもネット会員になるとピザハットのぴざをデリバリー出来ます。

ピザハット アンケート

ピザハット アンケート〜日経調べ3

 日経BPコンサルティング ブランド・ジャパン プロジェクトチームは、2007年8月、日経BPコンサルティングが保有する調査モニターを対象に、「宅配ピザに関するアンケート」を実施しまた。今回の調査では、宅配ピザの利用頻度や利用時の重視点、主な宅配ピザチェーン店に対するイメージなどを尋ねました。

 宅配ピザ利用時の重視点について尋ねたところ、上位5項目は、(1)味(66.1%)、(2)価格(58.5%)、(3)メニューの豊富さ(44.2%)、(4)プレゼントやキャンペーンの有無(19.1%)、(5)商品提供のスピード(17.2%)だった(図2)。その他の意見としては、「手元にチラシがあるかどうか」や「クーポン券があるかどうか」などが挙がりました。

 年代別に見ると、50代以上では「商品提供のスピード」、「商品の原材料」を重視する傾向にある。一方、年代が若くなるにつれ、「プレゼントやキャンペーンの有無」や「インターネットで予約できるか」の比率が高くなり、付加価値サービスへの反応が見られます。
 若い人には、人気のアニメなどとのタイアップが好評のようです。確かに私も、それのためにポイントを集めてしまうタイプです。目的があるとお店に足を運ぶし、注文もします。それも消費者にとって良い楽しみになっているのではないでしょうか。

ピザハット アンケート

ピザハット アンケート〜日経調べ2

 日経BPコンサルティング ブランド・ジャパン プロジェクトチームは、2007年8月、日経BPコンサルティングが保有する調査モニターを対象に、「宅配ピザに関するアンケート」を実施しまた。今回の調査では、宅配ピザの利用頻度や利用時の重視点、主な宅配ピザチェーン店に対するイメージなどを尋ねました。

 主な宅配ピザチェーン5店について、「親しみを感じる」、「ファンである」、「味が良い」など計18項目のイメージを尋ねた結果、全項目の合計比率は「ピザーラ」がトップとなりました。「味が良い」(27.2%)、「メニューが豊富だ」(24.0%)、「親しみを感じる」(20.6%)など14項目でトップになっています。ほとんどの項目で、第2位は「ピザハット」、第3位は「ドミノ・ピザ」でした。

 また、各店の複数回利用者に限定してイメージ評価を見たところ、こちらも「ピザーラ」がトップ、「ドミノ・ピザ」と「ピザハット」が拮抗するという構図は同様です。ただし、3番手と4番手の「ストロベリーコーンズ」、「ピザ・カリフォルニア」は、複数回利用者に限定すると各イメージ項目の評価は大幅に上がりました。特に「安さ」に対する評価は高く、コアとなるリピーターをつくる要因になっているようです。
 確かに、安くておいしい・・・消費者にとってはもう一度食べたくなる大きな要素です。

ピザハット アンケート

ピザハット アンケート〜日経調べ1

 日経BPコンサルティング ブランド・ジャパン プロジェクトチームは、2007年8月、日経BPコンサルティングが保有する調査モニターを対象に、「宅配ピザに関するアンケート」を実施しました。
 今回の調査では、宅配ピザの利用頻度や利用時の重視点、主な宅配ピザチェーン店に対するイメージなどを尋ねています。
 
 「好きである、気に入っている」宅配ピザチェーン店名を自由記述で3つまで記入する設問では、「ピザハット」が53.3%でトップです。次いで、「ピザーラ」(48.4%)が第2位となりました。第3位の「ドミノ・ピザ」(42.4%)と第4位の想起率は約36ポイントの差があり、消費者にとっては上記3つのチェーン店の存在が大きいことがわかります。

 宅配ピザの利用頻度を尋ねたところ、「1ヵ月に1回程度以上」が14.8%、「数ヵ月(2〜5ヵ月)に1回程度)が25.0%、「半年〜1年に1回程度」が30.9%、「それ以下」が12.4%、「まったく利用しない」が17.0%でした。

 自由回答で宅配ピザを利用する場面を尋ねたところ、「天候が悪くて外に出たくない時」(男性40代、会社員)、「外出から帰ってきてご飯を作るのが面倒な時」(男性40代、会社員)、「大人数のお客さんが来る時」(女性30代、専業主婦)など、急な状況への対応策として利用するという意見が多いようです。そのほか、「CMを見て無性に食べたくなった時」(男性30代、会社員)という意見も見られました。


 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。